2006年10月11日

リリース紹介<tonAtomコンピレーション>

<リリース紹介>
v/a - fuenfzig / sechzehn / vier [tonAtom.050]
http://www.tonatom.net/releases/050/

tonAtomの音は少々古臭い感じがする。
だけど”テクノ”というコトバを他人から聞くとつい反応してしまうくらいのテクノ好きの方はこのレーベルをきっと気に入ってくださると思う。

制作に1年以上かかったというtonAtomの50番目のリリースは、レーベル設立4周年を祝って、世界中から集まった16人のアーティストが作った16のトラックをミックスしたコンピレーションアルバム。

これがバラエティーに富んでてなかなかおもしろい。
とくにオススメは36分30秒あたりからはじまる曲。多分、DJ eraldine "elektr@"だと思う。
かなりYMOなニオイがするのでぜひ聴いてみてください。


http://tonAtom.net - label - online - non-profit
 - elektro - ambient - experimental


2006年10月09日

tonAtomという名前のレーベル

kaZoooがThinnerからリリースしている"Palermo Beats"の紹介文の中に、tonAtomレーベルという名前が出てくるので調査に行ってまいりました。
良質のテクノを配信する非常に良いレーベルでした!


<tonAtom>

http://tonAtom.net - label - online - non-profit
 - elektro - ambient - experimental


バナーをクリックするとtonAtomレーベルのトップページへ飛びます。

tonAtomは2002年の3月、matthias reinwarth(マシアス・ラインヴァルスと読むのだろうか)によって設立されたドイツのレーベル。エレクトロやアンビエント、エクスペリメンタルなトラックだけではなく、ミュージッククリップや映像作品も扱う。

以下、tonAtomのレーベル運営方針の要約。

tonAtomは旧来の商業的なレーベルからコンタクトを受けることがある。
だがわたしたちはこれからも非営利目的の活動にとどまるつもりだ。

tonAtomはいわゆる”mp3のポータルサイト”ではない。オンラインレーベルというものは多数派の好みに基づいた媒体や旧式のメディアからは距離をおいて、才能のあるアーティストを探したり、才能のあるアーティストをプロモーションできるところに意味があるとわたしたちは考える。

tonAtomはそのウェブサイトを通して、日営利目的のcd/epリリースを活動の主体とする。
これにより、わたしたちは(エレクトロ・アンビエント・エクスペリメンタルといったジャンルの)レコードをリリースすることを基盤とするカルチャーに取って代わる新たなもうひとつのカルチャーを作り出すのだ。



<リリース紹介>
kAzooo"chemical welfare"[tonatom.009]
http://www.tonatom.net/releases/009/index.html

なるほど、こうゆうのを”クリックハウス”というのか。
ぼくも少しわかってきたぞ。
オススメは2曲目"chemical welfare"、気分が落ち着きます。
しかしこのタイトル、どう訳せばいいんだろう。”化学の福祉。”
posted by autofocus at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | tonAtom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。