2007年06月16日

el surco argentino

unfoundsoundというネットレーベルがある。
アメリカ・フィラデルフィアとフランス・マルセイユにオフィスがあるのだそうである。

foundsoundという名前でアナログをリリースし、unfoundではMP3をリリースしている。

"un field"というページではサンプリング等、自由に使ってよいフィールドレコーディングの作品が掲載されていてなかなかおもしろい。

unfoundsoundはしっかりと紹介しなくてはいけないレーベルだが、今回はリリース紹介のみ。


omar salgado - "oberysco"(unfound31)

http://unfoundsoundrecords.com/

(直接リンクが貼れないので、"un release"と書いたところをクリックしてみてください。)


オマル・サルガドというアルゼンチンのアーティストの作品で、なかなか良い。
クリック的なミニマルだがリズムの上に乗るサウンドが独特である。



以下、unfoundsoundによる紹介文の訳。


unfoundsoundはアルゼンチンのアーティスト、オマル・サルガドの2nd epをリリースする。

今度のリリースはディープでクリック的な、美味しいミニマルである。

unfoundsoundでのデビュー作とくらべると少々異なり、"obelysko"にはグルーヴを感じさせるリズムの上に、トリップしたカオスな音が乗る、頭がくらくらするような4つのトラックが入っている。

すべてのトラックにおいて、見事なまでに不必要な音がそぎ落とされていて、DJプレイにぴったりだ。

おそらくオマル・サルガドが世界中をツアーで回っているのを見かける機会はそれほどないだろう、しかし彼が現代における特異なプロデューサーの1人であることは間違いない。

【関連する記事】
posted by autofocus at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | リリース紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。