2006年10月11日

リリース紹介(2063music Ruben D'Hers)

Ruben D'Hers "Todo esta en descanso"(63LP004)
http://www.2063music.de/index.php?itemid=16

ルーベン・デルスはなんとベネズエラのアーティスト。
なかなかおもしろい。
ギターが中心、フリージャズ+70'sロック&現代音楽風味のアンビエント。
南米のジャングルの中を探索しているような気分を味わえる。

7曲目"almuerzo(昼メシ)"から8曲目"mi brazo roto(わたしの疲れ果てた腕)"、9曲目”el verdadero dios(本当の神様)"への流れとか、なんかスゴイ。
鬼気迫るものがあって、でもなんか面白くてニヤニヤしてしまう。

アルバム前半部分も良いが、後半になるとより一層カラフルになる。
ぼくは10、11曲目"tres cosas incesantes part1&2(絶え間なく続く三つの物事)"がもっとも気に入った。


最近”ゲバラ日記”を読んでいるのだけども、そのBGMにピッタリだ。

アルバムタイトル"todo está en descanso"は”全てのものが休息に入っている”というような意味。



・・・最後に、他の方のルーベン・デルスのレビューもご参照ください。
http://ch07477.kitaguni.tv/e154598.html
http://yuko1219.jugem.jp/?eid=18#comments


posted by autofocus at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2063music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。