2006年10月06日

リリース紹介(2063music)

<Phoenelai "Tribute to THX1138" (63_056)>
http://www.2063music.de/index.php?itemid=60

このリリースはジョージ・ルーカス監督の処女作である映画”THX1138”にささげられたもの。

映画”THX1138”
制作総指揮はF・コッポラで、ロバート・デュバルが主演。音楽はラロ・シフリン。
もともとはルーカス監督が大学時代に撮影したものを、コッポラがリメイク。ルーカス監督の商業映画デビュー作品。

全体主義者によって支配された近未来が舞台。
人間は機械によって完全に管理されていて、真っ白かつミニマルな世界で生活している。
”THX1138”は人間を管理するために用いられる抑制剤を投与しようとせず、ルームメイトの女性”LUH3417”とともにこの世界から逃げ出そうとするが、ロボットの警察が彼らを追跡する・・。

(allcinema onlineを参照しました。)



"Phoenelai"というアーティスト名は、ランダムに単語を生成するプログラムが
作り出した造語で、とくに意味はないそうです。

ドローン、インダストリアルサウンドを好み、現在ロサンゼルスのパサデナに住む"Phoenelai"は映画”THX1138”に、よりポジティブなサウンドトラックをつけたくてこの作品を作ったと作品紹介のところに書いてある。ここでのポジティブってどういう意味なんだろうか。前向きな、という意味なんだろうか。

ぼく自身は”THX1138”をまだ見てないけれども、なんとなくおもしろそうな気がしてきた。でも多分、観ながら寝てしまうだろうなぁとも思う。
ただ、こうゆうタイプの映画は観る人を選ぶけれども好きな人はとことん好きになれる映画ではなかろうか。2063musicの音楽と同じで。
posted by autofocus at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2063music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。